看護師から他職種へ転職するメリットとデメリット

 

病院勤務の看護師が、他職種に転職するパターンは数多く存在します。手に職をつけておきたい、失業することがない、長く働き続けることができるというメリットがある反面、夜勤や仕事のハードさ、生活リズムや給料面などデメリットも多い看護師という仕事。最後に決めるのは、もちろんあなた自身ですが、ここでは看護師から転職する際に、他職種がおすすめの理由についてご説明します。

 

◎看護師から他の職種へ転職するメリット

看護師は専門職。他の仕事のことを全く知らないと思われがちな看護師ですが、介護職など看護師としての知識や経験が生かせる分野への転職はもちろん、例えば全く関係のない職種であったとしても、人柄を買われて就職が決まることも多々あります。看護師として働いていた頃よりも、給料が上がり、また不規則な勤務から、固定勤務に変わることで、心身ともに安定するようになったとの声も。また常に人の命を預かっているというストレスから解放され、ゆとりが生まれたことで家庭と仕事の両立がやりやすくなるというのもメリットといえます。

 

◎看護師から他の職種へ転職するデメリット

看護師として働いている人の中には、幼い頃から看護師を夢見ていたという人も多いもの。他の仕事を想像することなく、看護師を目指し資格を取ってきたという自分の過去自体を否定したくなる気持ちにかられる可能性があります。実際に、看護師を辞めるということに対して挫折感を感じたという人も。また、一般企業への就職の際に「どうして看護師をやめたのか」という理由を必要以上に聞かれるなど、精神的なダメージも少なからずあるようです。

 

◎他職種の企業規模や雇用形態を見極めることが大切

看護師からの転職として、他職種に就くことは決して難しいことではありません。メリット・デメリットを踏まえた上で、看護師から他職種へ転職するという方法は可能です。しかし、その際に大切になるのが転職先の状況。企業規模や雇用形態といったものから、会社の風土や実際の仕事内容など、しっかり見極めることが大事です。病院という世界と、一般企業は全く異なるため、実際の転職前にしっかりと転職先を見極めることが、転職の成功へとつながります。

 

◎数ある転職先から、自分に合った企業を見つけましょう

実際に他職種への転職を考えた場合、一般企業というカテゴリにはあまりにたくさんの会社が存在しています。その中から自分に合った業種や職種を選ぶのは、至難の業。求人情報を眺めているだけでもすぐに時間が過ぎていく、というのはもったいない時間の使い方。そして、現在の看護師の仕事を続けながら限られた時間の中で、転職先を探すのはさらに難しいといえます。そんなときにおすすめなのが、看護師転職サイトへの登録。知識豊富なコンサルタントに無料で相談できる転職サイトを利用して、あなたにぴったりの転職先を見つけましょう。

 

トップへ