看護師から他業種に転職したいけど、踏み出せない人が抱える悩みとは?

 

看護師は技術専門職であり、失業の心配もないといわれています。しかし、離職率は高く、看護師から他業種に転職したいと考える人は少なくありません。また、転職したいと思いながらも一歩が踏み出せない人も多くいるのが事実。看護師から他業種に転職したいと思っている人が抱えている悩みを、ひとつずつ紐解いていきます。解決策のない悩みは存在しないもの。今回の記事の中に、あなたが抱えている悩みが出てくるかもしれません。

 

◎看護師から他業種に転職すると給料が下がるかも?

看護師という地位や、給料に満足しているけれど、それ以外の理由で転職したいと考えている人の場合、看護師以外の職業に転職することで収入が大幅に下がるのでは?といった悩みを抱えているとのこと。実際に、一般事務に転職した場合は同じ年齢の看護師と比較すると3割減といったデータもありますが、それはあくまで一般事務の場合。例えば実力に応じて給料が変化する営業職など、転職先によっては必ずしも給料が下がるとはいえません。

 

◎看護師の経験しかないため一般職に就くことが不安

看護師として働いてきた経験が、次の仕事に全て活かせるかどうかと言われると、ほとんどの場合、そうではありません。もちろん福祉や医療分野など似ている世界では、今までの経験が少しは活きるかもしれませんが、逆に言うと全く別のことを行う可能性もあります。しかし、企業が求めているのは経験だけではありません。経験があるが故に、先輩や上司の言うことを聞かない人よりも素直に吸収する人のほうが、ずっと良いと感じることもあります。

 

◎看護の仕事が嫌いになったわけではないため未練もある

転職を考えるきっかけは人それぞれ。例えば、看護師としての仕事は良いけれど、今の職場での人間関係が辛いという場合は悩む人も多いもの。特に、患者さんと信頼関係を築いた後なら尚更。個人的な事情で退職してしまうのは悔しいと感じることもあります。しかし、新しい職場に行くことで、新しい出会いもあるもの。今の状況にしがみつくのもひとつの方法ではありますが、外に目を向けることで今の悩みが解決される可能性も。

 

◎看護師から他業種に転職したいという気持ちがあるならまずは相談を

看護師から転職したいと悩みを抱えているのであれば、まずはその「看護師から転職したい」という気持ちを大切に、転職支援サイトに登録することをおすすめします。転職に関する知識や経験が豊富な転職支援サイトに、あなたの今の現状や希望する内容などを相談することで、あなた自身も気付いていなかった今の職場に対する不満や、考えがわかるかもしれません。転職に関する悩みがあるという方は、ぜひ完全無料の転職支援サイトをご利用ください。きっといい解決策が見つかるはずです。

 

トップへ