大学病院に向いている看護師さんのタイプって?

 

看護師の仕事には向きと不向きがありますね。だからこそ就職してから後悔をすることもあるものです。ここでは大学病院勤務に向いている看護師とは、どんな人なのか?ということについて調べてみたいと思います。応募を本格的に行う前にしっかりと確認しておきましょう。

 

◎看護業務に専念・スキルアップしたい

大学病院というところは、分業が徹底的に行われています。医療・看護・医薬の面でしっかと分業されているからこそ、看護師の仕事も専念しやすいといえます。ほかの雑務に煩わされることなく、看護師だけの仕事を行うことが出来ますね。また大学病院であれば看護の仕事について学ぶということを常に行うことが出来ます。もともと大学病院は教育機能も備わっているために、専門看護師、認定看護師などの資格取得のスキルアップもしやすい環境にあります。最先端の高度な医療も行われますので、看護師としてのスキルアップを目指している方にピッタリです。

 

◎複数の診療科に所属して広い知識を身に着けたい

大学病院では一般的に10以上の診療科を持っています。そのために様々な科で勤務することが出来ます。それぞれの科で看護師としての仕事で求められるスキルが違うために、できるだけ多くの診療科目を経験することを目指している看護師にはピッタリの職場です。科を変えるためだけに転職・離職をする必要もなく、広く看護の知識・スキルを勉強することが出来ます。

 

◎中途採用を希望している

すでに看護師としての経験を積んでいる経験者は、即戦力になることができます。大学病院では教育を行いつつも、すぐに力となる人材を常に求めています。そのために中途採用枠も思っている以上にあるものです。今までの看護師としての経験を活かして、大学病院で働きたい!という方にもピッタリです。

 

◎しっかりと大学病院に向いているかを判断してから応募する

大学病院だから大きな勤務先で、安定しているというだけで仕事が務まるわけではありません。特に大学病院はそうです。だからこそ応募をする前にはしっかりと大学病院に向いているかどうか?を調べてみましょう。上手に転職を行うために転職サイトへの登録をしてみましょう。自分にあった転職コンサルタントに出会い、より良い転職先を紹介してもらうためにも複数の転職サイトに登録し、複数のコンサルタントに相談することをおすすめします。

 

トップへ