結婚を機に転職を考える、看護師はどうしたらいい?

 

結婚をすると今までとライフスタイルが変わるために、今までやってきた仕事を続けることが難しくなってしまうこともあります。結婚を控えている方は、今後の働き方について悩んでいることもあると思います。そこでここでは看護師の結婚と転職について考えてみましょう。

 

◎結婚は転職の転機かも

病院の規模・種別などは別にしても、結婚や出産というのは人生の中の一区切りといえるのではないでしょうか?そのために結婚や出産は転職を検討するうえでとてもいいタイミングであるといえるでしょう。ではどのような選択肢があるのかを検討してみましょう。

 

◎ 選択肢① 同じ職場で仕事を続ける

転職も検討した結果、結婚・出産後も同じ職場で働き続けることを検討する人もいることでしょう。同じ職場ですでに良い人間関係を築いているのであれば、確かに結婚を機に転職をする必要はないといえるでしょう。また看護師として働き続ける決心をすることができます。すでに働いている職場であれば、結婚をしたとしても理解してくれることでしょう。また出産後も復帰をしやすいといえます。家庭を優先する働き方もできるように配慮してくれることもあるでしょう。

◎ 選択肢② 転職する

結婚後は家事や育児を優先したいので、パートやアルバイトで仕事を続けたい!という方もいることでしょう。正社員しか雇わない職場であれば、転職を余儀なくされることでしょう。もちろん経済的な面で正社員として働き続ける必要があるかも知れませんが、そのような場合でも転職で自分の希望する条件をのんでくれる転職先を見つけることが出来るかもしれません。また出産など将来のことを考えるのであれば、保育所・託児所があるところへの転職を検討することで、出産後も仕事を続けられるようになります。あらかじめ用意しているのであれば、いざ出産になった時に便利といえるでしょう。また、別のケースでは結婚で引越することになり、同じ職場に行けなくなることもあります。そのような場合にも転職が必要になることでしょう。

 

◎結婚後は働き方を変える方がほとんど

結婚後に専業主婦にならなくても、多くの看護師は働き方を変えています。日勤のみ、非常勤など、家庭を優先する働き方になるケースが多いです。あなたに合った求人を見つけるためにも、転職サイトへの登録を行って、自分にあった転職コンサルタントに出会いましょう。複数の看護師転職サイトに登録して複数のコンサルタントと話すことで、あなたに合った求人を提案してもらえることでしょう。

 

トップへ