看護師の転職先として、介護施設の求人が増えているワケとは?

 

有料老人ホームの需要はドンドンと増えてきています。それに伴ってそこの介護施設で働く人も必要となります。特に看護師は介護施設では必要とされています。介護施設への転職を行う看護師が増えている中、介護施設で看護師が働くというのはどういうことなのか?ということを、見ていきましょう。

 

◎介護施設での待遇

看護師の仕事として介護施設で働くのは、高年収な仕事につながるといえるでしょう。年収が500万円以上もある看護師も少なくありません。またパート・アルバイトとして働いている方も、時給1,500円~2,000円ほどを平均として受け取っています。待遇次第によってはもっと高い給与を受け取っている看護師もいます。

 

◎介護施設の看護師に必要なスキル

看護師としてどのようなスキルが必要とされているのでしょうか?介護施設での仕事内容といえば、入居者の健康管理がメインとなります。お年寄りは体調などによって食べる物の内容や柔らかさなどを変えることが必要になります。その指示や服薬管理、体調管理などを行うことになります。ただ病院ではないために、本格的な医療行為を行うわけではありません。そのために高度な医療的処置を行うことはとても少ないでしょう。更に病院のように仕事量はそこまで多くないです。看護師としての仕事がない時には、介護士の補助、入居者の話し相手などをすることになります。

 

◎介護施設では看護師の判断が大事

介護施設にはドクターがいつもいるわけではないところが多いです。そのために看護師が医療処置の現場では大きな役割を果たすことになります。どのような対応をとるかは、ケースバイケースなのですが、入居者はお年寄りなので判断を正しく行わなければ命に直結してしまうこともあります。その点だけを検討するのであれば、ある程度、病院の病棟などでの経験がある看護師が望ましいといえるでしょう。

 

◎より良い待遇の介護施設に転職するために

転職を行うのであれば、より良い待遇を求めるのではないでしょうか?介護施設の求人は多いのですが、その中でも条件の良いところへの転職を成功させるためには、転職サイトを利用することをおすすめします。自分に合った優秀なコンサルタントに出会うために、複数の転職サイトに登録しましょう。複数のコンサルタントと面談することで、より良い介護施設を紹介してもらえることでしょう。

 

トップへ