看護師としての経験年数、転職する時どれだけ評価してもらえる?

今まで看護師としてある程度の経験年数を持っており、転職を行いたい!と思っている看護師さんもいると思います。経験年数があればどのように転職に影響を及ぼしてくるのか?ということを、説明していきます。

◎経験年数があればあるほどスキルとみなされる

看護師としての経験年数は、それだけのスキルとみなされることが多いです。つまり経験年数があれば、即戦力となることが出来ます。実際に経験年数によって給与なども決まってくるほどです。特にすぐに現場で即戦力となってくれる人材を探しているところや、少ない人数で回しているところなどであれば、経験値があればあるほど、転職には有利に働くことでしょう。

◎経験年数が多ければ転職回数に注意

看護師としての経験年数が多いと、それだけ転職回数がある可能性もあります。転職をあまりにもしてしまっていると、経験年数があったとしても転職に不利になってしまうことでしょう。もちろん転職はある程度は許容範囲とみなされます。特に直近の勤務歴が長いのであれば、過去の転職回数もそこまでは気にされないことでしょう。直近のキャリアがしっかりしていると、この病院でも長期にわたって仕事をしてくれるだろうとみなされるからです。

◎経験年数が有利になるように面接官にアピール

転職をするとなると絶対に避けて通れないのが面接です。転職を有利に運ぶためには、今までの経験年数をしっかりとアピールできるようにしましょう。経験年数が多い分だけスキルがどれほどあるのか?ということを、しっかりと伝えることで、例え転職回数が多い方でも転職を有利にすることもできるものです。面接官への印象を良くするためにも、どのようなスキルを応募先が求めているのか?ということを知り、そこをアピールするのは効果的です。経験年数があるとアピールも実績に基づいたものとみなされます。

◎経験年数を活かすのは、あなた次第

せっかく転職を有利に運ぶことが出来る経験年数という材料があれば、それを使わない手はありません。過去の看護経験をしっかりとアピールすることで、面接官もあなたを高く評価してくれるでしょう。でも具体的にどのようにすればいいのかわからない!というのであれば、転職サイトへの登録をおすすめします。看護師転職サイトでは自分にあった優秀な転職コンサルタントに出会うことができ、事前に面接対策をしっかり行ってくれるので、きっと不安なく面接に臨むことができるでしょう。
◎おすすめの看護師転職サイトはこちら

看護のお仕事②


スクリーンショット 2016-05-02 16.52.24

トップへ