「看護師の経験」があればある程、陥ってしまう転職の罠とは!?

転職の経験値ってなかなかない

実は成功する転職って、いろいろな視点から考えてみることがとても重要なんです。 「いや、私は看護師の経験もかなりある。だからこの仕事をよくわかっているから大丈夫。」

なんとなくそう思っていませんか?でも経験豊富というのは「看護師としての経験」が豊富なのであって、「転職の経験」が豊富な人って、多くないと思います。

「転職市場の動向の読み」
「まだ見ぬ転職先の今までの転職者の状況」
「経験がないけど実は自分が活躍できる職場の存在」

などなど。見えていないことはいっぱいあるんです。そこで、看護師さんの転職のプロフェッショナルである転職支援コンサルタントに相談してみるのは重要です。だって、彼らは「看護師さんの転職」を毎日毎日見ている人達ですから。

 

転職コンサルタントに相談して良い具体的なメリットは?

客観的な自分の評価。

甘い自己評価で転職を失敗してしまったり、あるいは逆にブランクや資格の有無で諦めていたけど実は可能性があったり……なんてことも。「他の人の目」を通すことで、転職が成功する確率がグンと上がります。

 

基本的に変わらない自分の属性(居住地や性別、年齢、子どもの有無等。)の上手な扱い方

能力や経験が重要なのはもちろんですが、それに劣らず重要なのは自分の社会的な属性や立場・状況。転職市場で何が有利で何が不利か、コンサルタントに見極めてもらいましょう。不利な条件でも、ネックとならない転職先やテクニック、情報も提供してくれるはずです。

 

やっぱり一番気になる勤務条件。給料や勤務日数、休暇、福利厚生など。

「お給料の情報、Webでチェックしてみたものの、やっぱりこれだけだと不安……」となるのは当然ですよね。そこで、勤務条件を転職先企業に足しげく通って熟知しているコンサルタントに、現場の情報を聞きましょう。きっと新鮮な情報を提供してくれるはずです。「本当に残業は少ない?」「離職率は悪くないの?」などホントのことを教えてくれます。

 

「転職の経験」が豊富なプロに聞かない手はありません!

どうでしょうか、やっぱりたった一人で転職というチャレンジをするより、それをサポートするコンサルタントがいた方が、心強いですよね?しかも無料で相談できてしまうのです。「航海」に羅針盤や海図だけではなく、経験豊富な「航海士」が欠かせないように、「転職」にも、「コンサルタント」という転職のプロがいるのです。いくつかのお勧めサイトをご紹介しておりますので、ぜひ自分に合ったコンサルタントに出会って下さい。

    コラムのまとめ

  • 看護のプロフェッショナルでも、看護師転職のプロフェッショナルではない
  • ノウハウだけではなく、シビアに客観的にあなたを見てくれる人が必要
  • 看護師の転職に詳しいコンサルタントに相談しよう
トップへ