産科専門病院で働きたい!【助産師の転職あるある】

◎助産師が産科専門病院で求められる役割とは!?

産科専門病院で助産師に求められる役割は、お産の為の計画作りから出産まで、中心となって準備を進めることです。妊婦の出産への希望を取り入れて出産計画を作り、無事に出産の日を迎えるまで、体調管理や生活習慣のアドバイスをしたり、ストレッチやマタニテイヨガの指導をしたり、悩みごとの相談に乗ったりして妊婦をサポートします。

◎産科専門病院で働くことのメリット・デメリット

産科専門病院では分娩件数が多く、ほとんどが自然分娩なので、分娩経験を積んでいきたい助産師には大きなメリットになります。また、スタッフ数が大規模病院よりは少ないので、一人に妊婦に対して多くのスタッフが分担して受け持つというようなことがなく、一人一人と向き合って出産までのサポートをすることができることもメリットの一つです。反対に、忙しすぎて定時に帰れない、残業が多いというようなケースもあります。さらに、働きながら、更に勉強したい人にとっては、教育支援が充実していない病院が多いというデメットもあります。産科専門病院の場合、即戦力となる助産師が求められますので、知識と経験が十分にない場合は、デメリットの多い職場といえるかもしれません。

◎産科専門病院の助産師求人の探し方

産科専門病院は、助産師の希望する条件によってメリットにもデメリットにもなります。一人一人の妊婦と向き合い、自分がスタッフの中心となってお産を進めていきたい、自然分娩の経験件数を増やしたいというような希望がある助産師にとっては産科専門病院はメリットが多いですが、逆に働きながら並行して新たな知識も身に付けたい、プライベートな時間は確保したいので残業はしたくないという助産師にはデメリットが多いです。もちろん、病院によって忙しさや教育支援の充実度は異なりますので、自分の希望に沿った働き方のできる産科専門病院を見つけることが大切です。

◎まとめ

産科専門病院は、大まかに分ければ、大規模な病院の産科と違い、妊婦一人一人と向き合える職場でありながら、助産院と違って医師が常駐しているので安心な職場です。ただ、病院によって勤務環境は異なりますので、たくさんの情報を得て自分の希望する働き方ができる病院を選ぶことが大切です。まずは助産師専門の転職サイトに登録してたくさんの情報収集をしていきましょう。

◎助産師求人に強い転職サイト

スクリーンショット 2016-05-02 16.52.24


看護のお仕事②

トップへ