今、助産師外来が重要視されるワケ【助産師あるある】

少子化が進む一方で、深刻な産婦人科医の不足という問題に直面しているのが今の日本の出産を取り巻く環境です。このような事態を解決するために、厚生労働省が普及を進めているのが助産師外来です。最近になって改めて考え直されている助産師外来についてまとめてみました。

◎助産師外来の重要性とは?

産婦人科医は不足しているものの、出産というのはいつ始まるかわからない状態のために、一人の産婦人科医への負担がとても大きくなっています。激務から分娩を中止する産婦人科医や訴訟となる事例も多いため産婦人科医にならない医学生も多いです。このような状態を改善することが出来るのが助産師なのです。助産師であれば正常な妊娠・分娩は医師の指示なしに処置することが出来ます。正常な妊娠を取り扱う助産師外来の存在によって、少ない産婦人科医でも対応することが出来るようになるのです。医師の負担が減るのと同時に、助産師が活躍できる場が広がるのが助産師外来です。妊婦さんにとっても、出産を受け入れてくれる病院がないと悩む必要がなくなります。

◎助産師外来で助産師が求められる役割とは?

助産師外来を担当する助産師は妊婦さんと同姓の女性のみです。妊婦さんにとって、同性の助産師は異性のケースが多い産婦人科医よりも話がしやすいと感じ、女性特有の悩み・不安を話しやすいとされています。助産師は妊婦さんの相談相手になるという大事な役割も持っています。相談を通して分娩までの間に、信頼関係が築かれ、分娩時には妊婦さんがより安心して出産を行うことが出来ます。さらに助産師外来では家族の同席が出来るために、家族への説明なども助産師の役割となります。妊婦さんが安心して出産することが出来るようにサポートするのが、助産師としての最大の役割といえるでしょう。

◎助産師外来の求人の探し方

助産師外来で働きたい!という助産師は、どこで求人を見つけることができるでしょうか?忙しい助産師でも、仕事の間を縫って求人を見つける方法が、とらばーゆ、eナースセンター、ハローワーク、助産師専門の人材紹介会社などを利用することです。例えば、人材紹介会社の場合、事前に面談し、登録しておくだけで、自分の条件に合った求人を紹介してくれるので、効率的に転職活動を進めることが可能です。

◎まとめ

助産師外来の持つ役割が増えてきつつある今だからこそ、助産師外来で働きたい!という助産師も増えてきています。転職を成功させるためにも、事前の情報収集がとても大切になってきますので、豊富な医療機関の内部情報を持っている人材紹介会社などを上手く活用していきましょう。

◎助産師の転職に強い転職サイト

看護のお仕事②

トップへ