今、夜勤バイトする助産師が東京・神奈川で増加中!?【助産師の求人ノウハウ】

今、東京や神奈川などの首都圏で、ダブルワークなどで夜勤バイトする助産師さんが増えているそうです!
今回、このコラムでは夜勤バイトする助産師さんはどのようなタイプに分かれるのか、助産師の夜勤バイトの募集先、給与相場、求人例、夜勤バイトの探し方についてご紹介します。

◎どんな助産師さんが東京・神奈川で夜勤バイトしてるの?

東京・神奈川で夜勤バイトをしている助産師さんは大きく分けて2つのタイプに分かれます。

①常勤先とのダブルワーク勤務

常勤先の休日を利用して、他の産婦人科クリニックや病院でダブルワークする助産師さんも少なくありません。ダブルワークする際はダブルワーク先のシフト提出期限に十分間に合うように前もって常勤先の休み希望で出した休日を勤務希望日として申請することをおすすめします。

②桶谷式など資格取得の為、学業とのダブルワーク勤務

助産師としてキャリアアップする為、東京都内であれば桶谷式、堤式などの母乳ケア学校に通う生徒さんたちが学校の休みの日を利用して勤務。学業と両立しながら、生活費捻出のため、夜勤バイトをする助産師さんも少なくありません。バイト先のシフト調整で迷惑をかけないように、事前に学校の年間スケジュールがある程度、わかっている場合はバイト先の師長さんと相談してシフト調整することをおすすめします。

◎助産師の夜勤バイトって、どこで募集してるの?

助産師の夜勤バイトは分娩施設のある病院やクリニックで募集されています。その中でも分娩件数が月40件以上ある分娩施設は夜勤帯の助産師さんの配置人数が2名以上のところが多いので、勤務する際も常勤の助産師とペアになることが多いので、安心して勤務することができます。

◎助産師の夜勤バイトの給与相場は?

首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)での給与相場になりますが、助産師の夜勤バイトの平均給与は1回35,000円です。分娩件数が少ないところで、夜間落ち着いているところだと1回30,000円、分娩件数が多く、夜間も忙しいところは1回45,000円のところもあります。

◎助産師の夜勤バイト・首都圏の求人例

《東京都》
世田谷区/日給43,000円/無痛分娩メイン/産婦人科クリニック
武蔵野市/日給43,000円/新規オープンの産婦人科クリニック
江戸川区/日給43,000円/自然分娩メイン/地域密着の産婦人科クリニック
江東区/日給40,000円/別途分娩手当あり/駅チカの産婦人科クリニック
調布市/日給37,000円/月間分娩件数約50件/産婦人科クリニック
世田谷区/日給35,000円/年間分娩件数約600件/産婦人科病院
八王子市/日給35,000円/綺麗な施設/産婦人科クリニック
練馬区/日給33,000円/分娩手当あり/産婦人科専門病院
《神奈川県》
川崎市/日給40,000円/自然分娩メイン/産婦人科クリニック
横浜市/日給44,000円/無痛分娩メイン/産婦人科クリニック
横浜市/日給40,000円/自然分娩メイン/産婦人科クリニック
座間市/日給40,000円/分娩手当あり/産婦人科クリニック
鎌倉市/日給37,000円/駅チカ/月間分娩分娩40件/産婦人科クリニック
《埼玉県》
所沢市/日給45,000円以上/清潔感に溢れたキレイな産婦人科クリニック
上尾市/日給40,000円/駅チカ/産婦人科クリニック
《千葉県》
市川市/日給44,000円/地元でも評判の産婦人科クリニック
柏市/日給40,000円/最新設備完備/産婦人科クリニック

◎助産師の夜勤バイトの探し方

では、どのようにして助産師の夜勤バイトを探せばいいのでしょうか。もちろんインターネットや求人情報誌などを使って求人を見つけることもできますが、おすすめの探し方は助産師求人に強い転職サイトへ登録することです。サイトに登録すれば、助産師専門で担当しているキャリアアドバイザーもいるので、分娩施設のある病院やクリニックの内部情報、夜勤体制、給与、分娩スタイル、分娩件数、緊急時の搬送先、帝王切開(カイザー)の割合など詳しい情報を事前に知ることができます。

◎助産師の夜勤バイトに強い転職サイト

看護のお仕事②


スクリーンショット 2016-05-02 16.52.24

トップへ