海外留学から帰国した看護師の再就職

留学というと一昔前までは学生が若いうちに見識を広めるために行うものというのが一般的でしたが、最近では社会人になってから留学をする人が増えています。仕事の手順や効率などを覚え一段落したところで、もっと自分の可能性を広げてみたいというのが社会人の留学が増えている理由なのでしょう。ここでは、看護師の海外留学についてお話ししていきます。

 

◎海外留学して良かったことは?

海外留学のメリットといえば、まず上げられるのは語学が習得できるという事でしょう。例えば、アメリカに留学した場合、日常使われる言葉は英語です。最初のうちは自分の言いたい事が、喉まで出かかっているのに伝えられないもどかしさを歯がゆく感じるかもしれません。しかし、毎日生きた英語を耳にしているうちにコミュニケーション能力も飛躍的に伸びる事でしょう。また、異国の地で生活するなかで今まで常識と思っていた事が実はそうでなかったり、新しい事を学んだりするうちに日本だけの狭かった視野が広がっていくのを感じとる事ができるはずです。そんな見識を広める海外留学ですが最近では看護師の留学が増えています。看護師は一般のOL と比較すると年収も高く、金銭的にも余裕があるためアメリカでの看護師免許を取得してみたい、自分の可能性を確かめたいなど希望を高く持つ人もいるようです。特にアメリカでは看護師の社会的地位は高く、資格試験をパスすれば余裕で自活できるほどのお給料がもらえるため、最近注目を集めている職業の一つなのです。また、海外の看護師資格を取得するだけではなく、まずは海外留学をしながら、現地の看護師を体験してみるというのも、日本との違いを体験できる大きなチャンスとなるでしょう。

 

◎再就職するにあって、留学期間はどう見られる?

海外留学に興味はあるけれど帰国後の再就職を考えると少し不安という事はありませんか?海外でいろいろな体験をして視野を広げたはいいものの、帰国してからそれらを活躍させる場所がなければ、留学はただの遊学…時間の無駄遣いになってしまいますよね。しかし、そんな不安を抱える必要はないでしょう。なぜなら日本は高齢化社会のため、慢性的な看護師不足!いつでも両手を広げて帰国したあなたの復職を待っていてくれるはずです。特に語学を習得した場合は外国人の外来が多い病院などでは重宝されます。多くのエグゼクティブとも言われる在日外国人が働くオフィスが点在しているエリアの病院なら、英語で応対してくれる看護師は人気者!異国の土地で不安を抱えている外国人の患者さんも大きな安心を得る事ができるでしょう。

 

◎どんなところに再就職しているの?

外国語を話す事ができれば、看護師としての視野も大きく広がります。外資系オフィスに隣接する医療現場はもちろんのこと、インターナショナルスクールなどで保健師として働く事もできるでしょう。いずれも、語学ができなければ職につくのは難しいもの。あなたのスキルを思いっきり活かせる職場と言えますね。他にも、豪華客船の常勤看護師として世界を周りながら働くことができますし、大規模な災害などが発生した場合、海外に派遣される医療チームで多くの命を助けることができるでしょう。せっかく日本に帰ってきたのだから異国の地で生活をすることを考えていないという人でも、英語が話せることはそれだけで大きな自信につながるものです。留学期間中に誰かに助けてもらいながら、もしくは自力で物事を解決してきたことが、実際の職場で活かされるでしょう。

 

◎まとめ

最近では社会人の海外留学が増えています。海外留学のメリットは何と言っても語学が習得できる事!外国語の習得で情報量も飛躍的に増える事でしょう。また、異国の地で過ごす事で今まで常識と思っていた事が実はそうでないなど新しい事を学ぶ良い機会にもなります。語学を習得すれば外国人の外来が多い病院などでは重宝されるはず!また、実際に英語を活かせる職場でなくても、海外留学中に自力で物事を解決してきたことが大きな自信となって今後のあなたを更に大きく成長させてくれる事でしょう。

トップへ