医師と看護師は不倫の嵐!?その実態とは!?

◎医師と看護師の不倫事情

医師と看護師の不倫はドラマや映画で扱われることもあるので、よくあることのように思われがちですが、現実世界ではそれほど起こることではないようです。医師と看護師の関係は、昭和の頃には、お屋敷に奉公している女中さんとお屋敷の旦那様ほどの隔たりのある関係でしたが、現代は対等の立場であることや、大学病院などの大きな病院であれば、医師として、看護師として不祥事を起こせばすぐに社会的ステータスに傷が付く状況にあること、クリニックなどであれば、看護師が不足している折、看護師と不倫をして看護師が辞めるような状況になるかもしれないことがあることから、リスクの高い不倫に手を出す人は少ないようです。一般職より年収が多く、社会的ステータスも高い医師や看護師というお互いの現在の立場を守ること、現在の生活を安定させて維持することの方が優先順位として高いということですね。

 

◎私は見た!医師と看護師の不倫現場

そのような状況であっても、医師と看護師の不倫が全くない訳ではなく、同僚や上司の看護師と医者の不倫現場に見てしまうこともあります。看護師にとって医師に気にいられている状態は、仕事のしやすい状態とも言える為、始めのうちは医師のお気に入りの看護師でいるだけなのですが、その医師が未婚であれば、純粋な恋愛に発展し結婚というゴールも見えてきますが、既婚であった場合には不倫関係になってしまいます。見てしまった不倫現場の看護師が自分の尊敬する先輩であれば、ショックを受け看護師を辞めたくなるかもしれません。同僚の看護師であれば、不倫をやめるように注意するべきか、師長や周囲の看護師たちにバレないように協力するべきか悩むかもしれません。意地悪をしてくる相手でもともと嫌いなタイプの看護師であれば、反対に優位にそのことを言いふらして自己嫌悪に陥るかもしれませんが、不倫の現場を見てしまったことで、自分のストレスにならないようにすることが一番大切ですので、関わらないようにしましょう。

 

◎まとめ

医療の現場では、医師も看護師も忙しくプライベートな時間がもてないことから、身近にいる相手と不倫に陥ってしまう人もいますが、現在の自分の立場を守る為、自分の一生を大事にする為には、医師との不倫は絶対に避けるべきです。医師と恋愛するのであれば、結婚に繋がる未婚の医師としましょう!不倫は看護師のストレスの解消には向きません。

トップへ