イマドキ看護師の赤裸々な恋愛事情

◎イマドキ看護師の恋愛事情

看護師にとって、自分の配置されている病棟にやって来る研修医はどちらかといえば目下、指導することの多い相手です。指導医に気を使い、看護師に気を使い、朝早くから夜遅くまで慣れない病棟での仕事をしている研修医には時間的な余裕も精神的な余裕もない為、研修期間中は病院が日常生活の大半を占めています。看護師も夜勤や残業などでプライベートな時間がもてないことが多く、彼氏いない歴=実年齢ですけど、何か?と開き直るようなこともあるので、時間がない同士、忙しい同士で恋が芽生えたり、恋愛に発展したりすることもあります。ただし、多くの場合研修医は看護師より年下なので、研修医と大恋愛になったとしても交際が長く続くことは少ないようです。

 

◎イマドキ看護師が出会ったヤバい男

職場には女性が圧倒的に多い為、男性に出会うチャンスの少ない看護師ですが、合コンなどで男性と巡り合うこともあります。そんな中で、多くの看護師が引いてしまうようなタイプの男性には、自分に酔っている人、ケチな人、自分本位な人、主体性の無い人などがいます。いつも鏡ばかり見れているナルシスト、自慢ばかりしてこちらの話を聞かず、会話のキャッチボールが成り立たないなど、見た目はセンスも良く、仕事ができるタイプでも、実際には自分に酔っているだけの性格の男性は嫌われます。デートの度にクーポン券を使う、割り勘は1円単位、損得だけを判断の基準にするようなケチな男性も恋愛対象から外れます。何もかも自分のペースで進めようとする、こちらの意見を求めないというような自分本位に物事を進める男性、反対に自分の意見が無く、優柔不断で、トラブルがあれば逃げようとする主体性の無い男性、どちらもお付き合いしたくないタイプの男性です。

 

◎イマドキ看護師が彼氏に求める条件

結婚を機に退職を考えている看護師であれば、自分が得ていた年収より多くの年収のある男性というのが条件の一つですが、恋愛中であっても、結婚してからも、仕事を続けたい人にとっては看護師という仕事に対して理解がある人、夜勤や残業が多い為、一緒にゆっくり過ごす時間が取れない、たまに会っても疲れて食事を作ってあげたりすることができないというようなことがあってもわかってくれる人ということが最も大切な条件です。

 

◎まとめ

看護師は出会いのチャンスが少なく、勤務時間も不規則なので他の職種に比べて恋愛がしにくい仕事ですが、看護師の仕事に理解があり、結婚後には子育ても手伝ってくれるような男性を見つけましょう。

トップへ