看護師は離婚する人が多いってホント!?

看護師は離婚しやすい職業とも言われています。確かに女性でも看護師という資格があれば、夫の助けがなく手も十分に自立することが出来る仕事でもあります。今回は本当に看護師は離婚する人が多いのか?ということについて検証していきたいと思います。

◎なぜ離婚する看護師が多いのか?

最大の離婚原因ともなるのがすれ違いです。看護師という職業はシフト制で働くことが多く、夫と勤務時間や休日が合わないことも多いのです。一般的なライフスタイルの夫であれば、夫婦として過ごす時間が少なくなってしまい、自然とコミュニケーション不足に陥ってしまうのです。結果、険悪な雰囲気になりがちで離婚まで至ってしまうこともあるのです。また、共働きだと家事の分担が上手くできずに、不満が溜まってしまうことが多いのです。家事の分担という小さく見えることでも、毎日のこととなると不満になってしまいます。

◎看護師が離婚を未然に防ぐポイントとは?

看護師が離婚を防ぐためには、仕事とプライベートとのバランスをうまくとるようにすることです。看護師という仕事はやりがいがあるために、仕事中心の生活になってしまいがちな方も多いです。しかし、離婚を防ぐためには相手への一定の気遣いは必要不可欠です。夫と過ごす時間を大事にすることを忘れないようにするのと、できるだけ普段から感謝の言葉を伝えるようにしましょう。小さなことの積み重ねが離婚を防ぐためのポイントともなるのです。

◎離婚した看護師さんは再婚しているのか?

看護師という仕事は、人と触れ合うことの多い仕事です。そのために離婚した後にも出会いはたくさんある職種ともいえるでしょう。ただし離婚の原因と同様に、仕事に忙しすぎて相手のために時間を作れない!という方も多いのです。そのために再婚にまでは至らないというケースが多く見られます。医療関係者や同じ病院で働いている相手などであれば、問題にならないかもしれませんが一般の方が相手の場合には再婚に至るのは難しいようです。

◎まとめ

看護師という仕事は激務のため、結婚生活を充実させることが難しいこともあります。どうしても仕事中心の生活になってしまいがちなのです。プライベートと仕事のバランスが離婚を防ぐ助けにもなります。また離婚してしまった後に、再婚することを望んでいる場合でも、プライベートを大事にすることが成功のための秘訣といえるでしょう。

トップへ