看護師あるある!【仕事に行きたくない】ときの対処法

◎仕事に行きたくない!ってどんなとき?

看護師の仕事は生死に関わる責任の重い仕事なので、常に大きなプレッシャーを抱えて働いて、常に強いられている強い緊張感によって心も体も疲れています。そんな中で、気難しい入院患者を長期間担当している、シフトでどうしても相性の悪い同僚と一緒の時間帯に勤務するといったことがおこると、それほどストレスが溜まっていない状態、身体が元気な状態であれば問題なく仕事に出かけられるのに、憂鬱な気分になって仕事に行きたくないと感じてしまうことがあります。また、師長や医師から理不尽なことで叱責されたり、自分自身でも看護の技術上どうしても上手くいかないか壁にぶつかってしまったりして落ち込むこともあり、更にその精神的な落ち込みから、頭痛や腹痛、吐き気などが起きてしまい、身体的に仕事に行けそうにない状態になることもあります。

 

◎仕事に行きたくない!ときの対処法

体に異常はないけれど、仕事に行きたくない気分になってしまった時は、今日は勤務明けに美味しいものを食べよう、次の休みにはショッピングに行って前から気になっていたバッグを買おうというような頑張った自分にご褒美をあげることを考えてみましょう。激務をこなしている分、看護師はお財布に余裕があるのでプチ贅沢はストレス解消にとても良い方法です。また、次の連休が取れた時に行きたい旅行先のことを思い浮かべるのも気分転換になります。連休には温泉旅行や海外旅行に行く為に、今日も仕事に行こう!と考えて自分の気持ちを盛り上げましょう。独身を通して看護師を続けている人はマンション購入計画を練るのもいいですね。

 

◎仕事に生きたくない気持ちの程度を見極めることが大切

自分を励まして仕事を休まないようにする場合、疲れが溜まっている、ストレスが溜まっている状態の程度を見極めることが大切です。仕事が限界を超えるほどきつくて、心と身体がSOSを出している状態であれば、思い切ってお休みすることも必要です。自分が休むと周りに迷惑がかかると考えて、つらくても仕事に出ることが多いことと思いますが、軽い疲れやストレスであれば、病院に着いて仕事を始めたり、休憩時間に同僚と話したりすることで紛れることもありますが、我慢の限界を超えるとうつ病などを発症してしまうこともあるからです。仕事に行きたくないと感じたら、なぜ行きたくないと感じているのかを考え、仕事に行きたくない気持ちをおこさせる原因に対する解決方法を探しましょう。

トップへ