ブランクのある看護師は復職できるのか?

以前はバリバリ働いていた看護師さんも、結婚・出産を機に退職をする方も多いものです。仕事と子育てを両立することはとても難しく、一度退職するという決断をすることも珍しくありません。でも子供がある程度大きくなると、もう一度看護の仕事をしたい!と思うかもしれません。そんな時に不安要素になるものがブランクでしょう。果たして、ブランクがあっても復職できるのでしょうか?

◎ブランクのある看護師が抱える不安

一度現場を離れてしまうと、現場にいた時の看護技術は落ちてしまうものです。また医療の知識も失われてしまったりします。それに加えて医療は常に進歩しているために、ブランクの間に新しいスキルや知識が生じていることも珍しくはありません。復職するためには、今まで持っていたスキルを磨くことと、新しいことを覚えていく必要があるのです。本当にまた看護師としてやっていけるだろうか?という不安を抱えることが多いのです。

◎不安を払拭するためには?

では看護師として復帰する前に、不安を払拭するためにはどのようなことが出来るでしょうか?復職支援研修制度というものがあります。これを利用することをおすすめします。基本的な看護技術・知識などの研修を受けることが出来ます。この研修によって自信を持って現場に復帰することが出来るようになるでしょう。

 ◎ブランクのある看護師の復職先の選び方

研修を受けたとしても、まだまだ不安が残ってしまう!という方も少なくありません。ではブランク後に復帰する際には、どのような病院を選ぶとより安心して看護師として復帰することが出来るでしょうか?復職支援研修制度を導入している病院を選ぶようにしましょう。復職支援制度も充実してきている病院も増えてきていますので、ブランクのある方でも復職がしやすい環境となってきています。また積極的にブランクのある看護師を採用しているところであれば、ブランクがあるということがどういうことなのか?を知っているために、理解のある対応をしてくれることが多いです。

◎まとめ

看護師を一度辞めてしまうと、復職するまでの間にブランクが出来てしまいます。このブランクのために復職するのをためらっている看護師も少なくありません。不安がある場合には復職支援研修制度などを導入している病院などに復職することで、不安を和らげることが出来ます。ブランクがあっても復職は十分に可能ですので、あきらめることなく復職しやすい転職先を見つけていきましょう。

トップへ