看護師は酒飲みが多いらしい!?

看護師は職業柄、お酒飲を飲むという方が多いとされています。アルコールでストレスを発散するという方もいますし、激務のあとに飲むアルコールは爽快と感じる方も多いのです。そこでここではどうして看護師に酒飲みが多いのか?ということを詳しく調べてみることにしましょう。

◎なぜ、看護師に酒飲みが多いのか?

看護師は長時間、責任ある仕事に縛られている仕事です。仕事からくるストレスが多い職業といえるでしょう。また看護師の仕事自体が激務であるために、ストレスを溜めやすいのです。さらに看護師の中でもキャリア志向の高い人ほど、飲酒する傾向が高いとされています。その仕事の内容からどうしてもお酒に癒しを求めてしまうという方も多いのです。人の命に関係する仕事をしているからこそ、多くのストレスを感じてしまい、酒に頼る結果になってしまうのは納得できるのではないでしょうか?

◎お酒はどこで飲んでる?居酒屋?家飲み?ホストクラブ?

看護師の会話の中で“今日は早く終わったので、飲みに行こう!”“家にはまだ帰りたくないから飲みに行こう”というのは、よくされる会話です。看護師という職業からくるストレスから解放されるために、仕事帰りに同僚と居酒屋などで飲むことが多いようです。また看護師同士の女子会、合コン、病院の歓送迎会、打ち上げ、イベント、結婚式など、お酒を飲む機会が多いのも看護師の特徴ともいえるでしょう。基本的には仲間と一緒にお酒を飲むというケースが多いために、家で一人飲みということは少ないようです。

◎看護師のお酒失敗談

看護師の方はどのような失敗をお酒が原因でしてしまっているのでしょうか?一番多い失敗は二日酔いです。仕事のシフトが不規則であればあるほど、お酒を飲んだのがまだ抜けていないのに仕事に行かなければならないことが多いのです。気分が悪い中、仕事をこなさなければならずに体がきつくなってしまいます。またお酒を飲んで寝てしまい、次の仕事の時間に目覚ましをかけるのを忘れていた!遅刻した!という失敗が多く見られます。

◎まとめ

看護師というのはその職業上、どうしてもストレスを感じやすくストレス解消のためにお酒に頼るという方が多いのも事実です。仲間同士で仕事の話をしながら居酒屋などで飲むケースが多く、お酒を飲みながら会話を楽しむスタイルでお酒を飲むことがほとんどです。ただお酒による失敗談もありがちなので、仕事に支障が出ない程度にお酒を控えるのも看護師としての大事な体調管理の一環といえるでしょう。

トップへ