看護師は浪費家が多い!?

看護師の給与は他の職種に比べると女性の場合には高くなってします。しかしその反面で、看護師は貯金が少ないとも言われています。もちろん個人差があるものですが、一般的に看護師には浪費家が多いと言われています。その理由について迫ってみたいと思います。

◎なぜ、看護師に浪費家が多いのか?

看護師の仕事は激務です。毎日毎日激務であるために、ストレスを抱える方も多く、体調も崩しやすい職業の一つです。ストレスを発散させるために、お金を使うという看護師もたくさんいます。きつい仕事だからこそ、自分へのご褒美もついつい多くなってしまいがちなのです。たくさんお金を稼ぐからこそ、たくさん使う癖がついてしまっているともいえます。

◎浪費家の看護師は何にお金を使っているのか?

では浪費家タイプの看護師はどのようなことにお金を使っているのでしょうか?連日で夜勤で勤務していると、朝・昼・夕のすべての食事が外食になってしまいがちです。外食をすればそれだけお金が必要になり、食費にお金がかかってしまうことも多いのです。仕事のストレスから食事くらいは美味しいもの食べたい!と思って、奮発することもしばしば。外食にいくら使ってるとか全然把握できてない状態になってしまうと、お金は出ていく一方です。さらに夜勤の時には交通手段がないために、タクシーを使う方も多いです。

◎浪費家の看護師はどうやったらお金が貯まる?

浪費家の看護師さんがお金を貯める為に、気を付けたい時間帯は夜勤明けです。夜勤明けだと夜勤の続きてテンションがハイになっていることが多く、衝動買いしてしまうことが多いのです。金銭感覚がなくなってしまい、洋服、食べ物など必要のないものまで購入してしまうことが多いのです。後悔する無駄遣いを避けるためにも、夜勤明けにはショッピングをしないようにしましょう。また健康のためにも自炊をすることや、職場で食べる食事も弁当を持参するなどすると、今まで浪費していたお金を貯金に回すことが出来ます。

◎まとめ

看護師という職業柄、どうしてもストレスが溜まりやすい為にお金をついつい使ってしまう方も多いものです。看護師に浪費家が多いといわれるのも、納得できます。特に夜勤を行っている方は、衝動的にショッピングをしてしまうケースが多いのです。もちろんストレスを解消することは必要ですが、少なくても無駄使いをやめるために努力をしてみましょう。

トップへ