お礼奉公中の看護師さんでも転職できる!?

看護師としての資格を取得するために通った学費を、お礼奉公として返済している看護師さんもいます。たとえば3年間系列病院で働くことで、奨学金を免除してくれるというものです。でもお礼奉公の期間である3年に1日でも足りないのであれば、借りたお金を一括返済しなければならないのです。転職したいと思っていても、これが足かせとなってしまい転職が実現していない方もいます。でもお礼奉公中の看護師でも転職する方法があるのです。

◎奨学金を肩代わりしてくれる病院がある!?

お礼奉公の途中で病院を辞めると奨学金の一括返済を求められます。転職先がこの一括返済に必要な金額を全で出してくれることもあるのです。つまりお礼奉公中の病院との奨学金返済の問題は、きれいに解決することが出来るのです。結果、病院を辞めることができ、転職をすることが出来るというわけなのです。奨学金一括返済という足かせを、転職先の病院が肩代わりしてくれることで転職を実現させることが出来るのです。

◎どうして奨学金を肩代わりしてくれるの!?

でもどうしてそこまでしてくれるの?と思う方もいると思います。現状では看護師の数はとても不足しており、需要に対して供給が少ないのです。そのために人手が足りない病院も多くあり、奨学金を肩代わりしてでも人手を増やしたい!と考える病院も少なくないのです。

ただし奨学金を肩代わりしてくれた!と安心するのは、まだ早いのです。転職先の病院が立て替えて返済してくれたお金は、これからは転職先の病院へ返済する必要があるからです。転職できるようになったものの、借金がなくなるわけではないことを覚えておきましょう。

◎どうやって肩代わりしてくれる病院を探せばいい?

奨学金を肩代わりしてくれる病院を探すために利用すると便利なのが、看護師の転職サイトです。これらのサイトではそれぞれに担当者が付き、転職先の希望条件に合うところを紹介してくれます。まずは担当者に奨学金のことを相談してみると、奨学金を肩代わりしてくれる病院を紹介してくれることもあるのです。無料で利用できるところも多いので、利用をおすすめします。

◎まとめ

奨学金が足かせとなってしまい、お礼奉公中に転職を躊躇してしまう方も多いのが現実です。しかし、実は奨学金を肩代わりしてくれる転職先もあるために、転職が絶対に不可能というわけではないのです。まずは転職サイトなどを利用して自分の条件に合う病院を見つけてもらいましょう。

トップへ