シングルマザーの看護師が働きやすい職場って!?

看護師としての仕事はとても大変です。シングルマザーとして子供を抱える方であれば、その厳しさはなおさらでしょう。そんなシングルマザーが少しでも働きやすい環境に転職するために、知っておきたい3つのポイントをまとめてみました。

◎シングルマザーの看護師の大変なところ

現在は働くシングルマザーへの理解は深くなっています。しかし、まだまだシングルマザーにとって、厳しい状況であることには変わりはありません。看護師として働くうえで大事になるのは、シングルマザーであることへの職場の理解です。理解のない職場では、シングルマザーが窮屈な思いをしてしまうことが多く、誤解なども生じやすくなります。職場の理解の有無はシングルマザーにとって、継続的に働けるかどうかに影響を与えます。

◎シングルマザーの看護師ならではの職場選び

シングルマザーだからこそ選びたい職場は、子育て中の看護師へサポートがあるところといえます。具体的には院内託児所がある、母子寮があるなどであれば安心して働けます。さらに経済的な負担を軽くすることが出来るだけではなく、精神的にも余裕が生まれ子供との関係をより良いものにすることが出来ます。シングルマザーとして生活するうえでのサポートがあるところを選びたいものです。

◎シングルマザーの看護師でも夜勤はできる!?

シングルマザー看護師の最大の難関となるのが、勤務時間帯です。大きな病院などになると、どうしても夜勤が入ってきます。夜勤シフトがあると、子供の体調不良時などにすぐに対応できなくなってしまうこともあります。また子供の行事への参加なども難しくなり、子供の成長の一部を見逃してしまうことにもなりかねません。もちろんシングルマザーであっても、夜勤をすることはできるのですが、もしもの時に備えて夜勤を変わってもらえる同僚を見つけておく、シングルマザーに対してのサポートが整っている病院を選ぶなどの工夫が必要になります。

◎まとめ

シングルマザーの看護師が子育てと経済的な自立を求めて働くためには、チェックしておきたいポイントはたくさんあります。シングルマザーだからこそ転職をするときには、何を優先させたいのか?ということを、しっかりと把握しておくようにしましょう。上記にあげた3つのポイントは確認しておきたいことの一部です。自分自身と子供たちのことを考えて、条件を考えてみましょう。

トップへ