喫煙者の看護師は転職に不利なのか!?

看護師の仕事環境はとても厳しいとされています。そのために看護師の多くは毎日の激務に対するストレスを抱える方も少なくないと言われています。そのために気分転換・リラックスのためタバコを吸うという看護師も多いようです。でも転職する際には喫煙をしていると転職に不利になる可能性もあるかも?!と心配する方もいると思います。そこでここでは喫煙と看護師の転職について詳しく調べてみることにしましょう。

◎敷地内全面禁煙の病院が増えてきた!

喫煙者が不利になるという病院は実際のところ、まだまだ少数派であるといえます。ただ病院によっては、敷地内全面禁煙などもあるために喫煙者にとっては肩身の狭い思いをする病院もあるのも事実です。また特に看護師などの医療系の職種であれば、喫煙習慣自体が推奨されていないこともしばしばです。健康に害があるとわかっているものを、医療の現場に持ち込むことはできないと考える病院も増えてきており、敷地内全面禁煙にしているところもあるのです。

◎喫煙者の看護師を採用しない病院やクリニックがある!?

では実際に喫煙者であるという理由で採用を見送る病院があるのでしょうか?結論から言うと、あります。医療従事者である以上、喫煙者に対しての風当たりは他職種より強くなってしまいます。医療について知っていればいるほど、喫煙の危険性を理解しているべきともいえます。現状としてはまだまだ喫煙者であるからと言っても、採用を見送るという病院は少ないのです。しかし将来的には喫煙者の採用を見送る医療機関が増えても、おかしくない状態といえるでしょう。

◎喫煙者の看護師を採用したくない理由って!?

どうしてタバコを吸っているだけで採用されないの?と思うかもしれません。最大の理由は、患者さんに対して禁煙指導などを行う時に、看護師として自分は吸っているのに指導しにくいという後ろめたさが生じるということといえるでしょう。医療従事者であれば喫煙のリスクをしっかりと理解してこそ、プロであるとも言えるのではないでしょうか?

◎まとめ

現状としては、まだまだ喫煙を行っているからと言って採用を見送る方針をとっている病院は少ないです。ただし看護師が医療従事者であることを考えるのであれば、喫煙をしている看護師を採用する病院は少なくなると考えることができるでしょう。看護師として転職を検討しているのであれば、できるだけ喫煙習慣を断つことをおすすめします。

トップへ