白髪に悩む20代〜30代の看護師が急増!?その理由とは!?

◎白髪になってしまう主な原因は?

白髪の原因は髪の毛にメラニン色素が入らなくなってしまうことで、30代から少しずつ出始め、50代を過ぎると目立ってくるものですが、20代〜30代でも白髪が目立つほど生えてきてしまい、悩んでいる看護師さんが増えています。若くても無理なダイエットをした場合などには白髪になってしまうことがありますが、看護師の場合には、職業上の原因があります。具体的には生活習慣が不規則であること、ストレスが溜まりやすいこと、運動不足であることが考えられます。夜勤や残業が多い為、人間が本来休息する時間に休息できず、活発に活動する時間に睡眠を取ることで、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまうこと、睡眠中に十分に身体を修復したり、新しい細胞を活発化させたりすることができず、髪の毛にも悪影響を及ぼしてしまうことなどに繋がってしまうからです。また、過剰なストレスも頭皮が硬くして、血行の悪い不健康な状態にしてしまうので白髪の原因になってしまいます。

 

◎白髪を改善していく対策は?

髪の毛の健康の為には規則正しい生活をし、決まった時間に食事を摂ることが重要なのですが、職業的に記憶正しい時間帯で生活することができないので、別の方向から改善の為の対策を考えましょう。

 

(1)ストレスを溜めないこと

家族や友達と話す、ぬるめの湯温で半身浴をする、休みの日に熱中できる趣味を見つけるなど自分にあったストレスの解消法を見つけましょう。

 

(2)質の良い睡眠を取ること

睡眠は十分な時間を摂れば良い効果が出るものではありません。本来睡眠は心と身体の疲れを取り、新たな細胞を活性化させるさせる働きをしますが、心を落ち着けないまま就寝してしまうと質の良い睡眠にならず、睡眠の効果が得られません。特に夜勤明けには神経を休め、室内を暗くするなど熟睡する為の工夫をすること大切です。

 

(3)軽い運動をすること

看護師という仕事は立ち仕事であり、患者の介助などの力仕事でもあるので、体力を使う仕事ですが、健康な身体を維持する為の運動量は不足しています。特に仕事明けには、立ち仕事の為、下半身の血流が悪くなっているので、脚がむくんでいます。軽いストレッチをしてむくみを解消してから就寝すると、質の良い眠り、ストレスが解消できる眠りに繋がります。

 

◎まとめ

看護師は職業上、不規則な生活を余儀なくされてしまいます。その結果、食事時間もバラバラになり、睡眠の質も低下してしまうので身体に様々なトラブルがおこりがちで白髪もその一つです。仕事の時間を自分の都合に合わせて変更することはできないので、現在の状況の中で自分にあったちょっとした工夫を積み重ねて、白髪の改善、予防をしましょう。

トップへ