抜け毛・薄毛に悩む看護師が急増!?その理由とは!? 

◎看護師さんに、抜け毛・薄毛の人が多いワケ!?

看護師はストレスが多く、夜勤や残業などによって不規則な生活になってしまう為、抜け毛や薄毛に悩まされている人は少なくありません。抜け毛や薄毛は加齢によって女性ホルモンが減少することや、毛根や毛髪が衰えることだけが原因ではなく、若くてもストレスや不規則な生活、偏った栄養バランスなども大きく髪の健康に影響するからです。常に忙しく、気が抜けない医療の現場で働いていること、医師、目上の看護師、患者など関係性の違う周囲の人々と円滑にコミュニケーションを取らなくてはならないことなどから、看護師はストレスが溜まりやすい職業です。また、入院病棟に勤務している場合には、週に数回夜勤があることや、救急搬送があったり患者の病状によっては交代の時間になっても帰ることができないことなどがあり、生活はどうしても不規則になってしまいますので、抜け毛や薄毛の要因を作ってしまうのです。

 

◎抜け毛・薄毛を予防する方法とは!?

抜け毛・薄毛を予防する方法は食事管理、頭皮ケア、生活習慣改善とストレス解消の4つです。

 

(1)食事管理

看護師はどうしても食事時間が不規則になってしまい、夜勤中にはコンビニで買ったお惣菜やお菓子などを食べてしまう人が多いのですが、添加物の多い食物は体内に毒素を貯めることになり、腸内環境にも悪影響を与える為、体内の循環が悪くなり頭皮の新陳代謝も活発におこなわれなくなってしまいます。食事は夜勤に入る前にすませて、夜勤中に食べるものは胃腸への負担が少ない野菜の煮物やスープなどを作って、持参するようにしましょう。

 

(2)頭皮ケア

間違ったシャンプー方法は頭皮に負担をかけ、毛穴を詰まらせてしまうので,抜け出、薄毛の要因になってしまいます。シャンプー前に獣毛ブラシでブラッシングすること、洗浄力の強いシャンプーを使わないこと、シャンプーをする際には指先に力を入れず、指の腹でシャンプーすること、コンディショナーを地肌につけないこと、シャンプー剤やコンディショナー剤が地肌や髪に残らないよう十分にすすぎ洗いすることなど、正しいシャンプー方法を身に付けましょう。シャンプーの前に頭皮マッサージ用のオイルを使って頭皮マッサージをするのも抜け毛予防に効果的です。

 

(3)生活習慣改善とストレス解消

夜勤では、身体が休む状態になっている時に働き、活動する状態になっている時に睡眠をとらなくてはならないので、自律神経が乱れてしまいその結果ホルモンバランスも悪くなって抜け毛や薄毛の要因となってしまいますので、質の良い睡眠をとる為の工夫をすることが大切です。室内を暗くする、アイマスクをする、心が癒されるよな音楽を聴き気持ちを落ち着けてから就寝するなどの工夫をすることで、ストレスの解消にもなり、心と身体を回復することのできる眠りにつくことができます。

 

◎まとめ

夜勤があるので、どうしても不規則な生活を余儀なくされてしまいますが、その中で自分にあったストレス解消法や安眠できる方法を見つけることやできるだけ自分で作った食物を摂ることを心がけて、抜け毛や薄毛を改善、予防しましょう。

トップへ