支度金制度・お祝い金制度を活用しよう 【看護師の転職ノウハウ】

 

地域によっても様々ですが、全国的に看護師は不足しています。看護師の方が一般企業よりも転職しやすいのは、これまでに培ってきた技術やスキルは、新人の看護師で求めることができないからです。病院によって考え方も違いますし、ルールもいろいろありますが、看護師としての基礎が出来ている人を是非とも採用したいと病院は考えています。病院によっては看護師不足を解消するために、支度金を用意しているところもあります。看護師の転職と支度金の制度についてまとめます。

 

◎支度金の仕組み

支度金とは、看護師としての転職が決まった際にもらえるお金のことです。準備に必要な費用としての意味合いがありますが、病院によっては20万円、30万円の支度金を用意しているところもあり、準備費用としてはかなり高額になります。支度金を用意している病院に転職した場合は、遠慮なく臨時ボーナスとして受け取りましょう。ただし、支度金にはルールがあります。例えば、支度金だけもらって2ヶ月で辞め、また違う病院で支度金をもらうといったことが出来ないように、最低何ヶ月か勤務しなければ返金してもらう、と決められているのが一般的です。または、継続勤務をした時に、お祝い金としてもらう病院もあります。

 

◎看護師の資金貸付

看護師として転職が成功した場合、資金貸付としてお金を受け取ることがあります。病院からはお金を借りるつもりはない、と思っているでしょうが、1年、2年と継続勤務をすれば返す必要がなくなるお金です。つまり、支度金と同様、お金をもらって何年か継続して働けば返す必要がなくなるのです。支度金や資金貸付の制度がある病院を選べば、一時的に家計は助かりますが、臨時ボーナスばかりに目がくらまないようにしなければなりません。お金がもらえることを1つのメリットとしておき、本当に自分がやりたい仕事であるかどうかを見るようにしましょう。

 

◎転職エージェント&紹介会社のお祝い金

転職エージェントや看護師紹介サイトを利用すれば、転職成功でお祝い金がもらえる制度があります。これは病院が用意している支度金とは別のものですから、紹介金と支度金の2重で受け取ることができることもあります。ただし、紹介金の多くは病院からもらっている紹介料でまかなっていますので、どちらか1方となっていることが多いです。受け取れる金額は出来るだけ多く受け取れるように工夫してみてください。

 

◎看護師転職はエージェントを頼る

看護師として転職する場合は、エージェントを頼ってみましょう。支度金や資金貸付をしてくれる病院を紹介してくれますし、本当にその病院が自分に合っているのか、お金に流されているだけではないのかをアドバイスしてくれます。無料で相談ができる転職支援エージェントはどんどん活用していってください。

トップへ