外来看護師へ転職する前に注意すべきポイント

 

看護師としてバリバリ働いてきた人が、結婚や出産を機に外来での勤務ができる病院に転職する事は少なくありません。看護師としてのスキルは看護業務のスキルが大半を占めるでしょうが、「タスクを忘れないこと」や「患者さんと確かなコミュニケーションが取れること」も重要な要素です。看護師の方のちょっとした油断で医療ミスにつながることもありますので、ボーっと仕事をしていてできるものではありません。一方、現場の看護師は夜勤もありますし急患の対応もしなければなりません。看護師として働きたいけれど、現場は厳しいと思っている人には外来への転職をオススメします。

 

◎外来看護師の特徴

多くの病院で募集している外来勤務は、残業や夜勤、休日出勤が少ないので子育てと両立したい女性に人気があります。看護師としての専門性を学ぶ事はできませんが、まずは家庭を大切にした人に適しています。外来で働いている看護師さんは多くいますので、子供が熱を出して急な休みを取らなければならない場合でも、現場にかける迷惑は比較的少なく済みます。仕事と家庭を両立させる事が大切であり、「楽だから外来」という考え方では仕事になりませんので注意をしてください。

 

◎外来看護師に求められているスキル

これまで看護師として働いており、外来に転職したい人に求められるスキルについて説明します。まず、看護としてのスキルはこれまで看護師として学んできた技術で問題ありません。それ以上にコミュニケーション能力や文書管理能力が必要になります。病院の患者さんは、受付をしてすぐに診察ができるわけではありません。しばらく待合室で待っている人に対して雑なやり取りをすると、ただでさえ待たされてイライラしている患者さんを怒らせてしまうこともあります。また個人情報を扱う現場ですから、重要な文書を他の文書と混ざらないように最新の注意を払う必要があります。

 

◎行動力がある人は外来看護師に転職を

外来看護師は、要領が悪い人ではやっていけません。みなさんも病院で経験がないでしょうか。外来の看護師さんがモタモタしているせいで、後ろで待っている人たちに迷惑をかけているのをよく見ます。外来に転職したら自分が患者さんの立場になって行動をしなければなりません。医師の数が限られているとはいえ、いかに早く患者さんの対応を終わらせることができるかは外来看護師にとって重要なスキルの1つとなっています。

 

◎外来看護師の求人は転職支援サイトに相談

外来の看護師募集は多くあります。自分の家庭環境や求めている労働環境にあった外来に転職を決めるためには、転職支援サイトに相談をしてみてください。自分一人で決めるよりも様々な情報を仕入れ、ぴったりの職場を見つけやすくなります。

 

トップへ