早期退職してもすぐに転職できる?【看護師の転職事情】

 

看護師の仕事は楽ではありません。代表的なものは夜勤の勤務があることです。週に2回の夜勤があるだけで、ライフスタイルは大きく変わり、睡眠時間もうまくキープできなくなってしまいます。若いうちは夜勤も問題ないと思っていても、徐々に「このまままでいいのだろうか?」と考えるようになるのです。出来るなら何度も転職をしたくない、次こそは長く続けたいと思っている人に向けた転職のアドバイスをまとめていきます。

 

◎すぐ辞めることができると考えない

企業から企業への転職と違い、看護師は専門的な技術を持った状態での転職になります。看護師が不足気味であることも重なって、看護師の転職はさほど難しくはありません。ただしそれは、病院を選ばない場合です。看護師は転職に困らないと思いすぎていると、1つ1つの職場が長続きしません。病院を渡り歩いていると、1つの病院での仕事に慣れることができないため、ただ看護師の資格を持っているだけの状態で年齢を重ねていくことになります。看護師の転職では、すぐに辞めることができると考えないことが大切です。

 

◎看護師としてのスキルアップを考える

看護師が転職をする場合は、自身のスキルアップができる環境になっているかが重要です。病院から病院でなくてもいいでしょう。今の病院では経験できないような施設や技術を身に着けることができる病院を選ぶようにしましょう。自分が何をしたいかによって選ぶ病院は違うでしょうが、スキルアップしたい気持ちを持っていれば転職先でも頑張れますし、事前に病院を調べる際もどこを見ればいいのか分かってくるものです。また、病院の考え方も重要な転職ポイントになります。

 

◎病院の考え方を知る

1つ1つの病院には違った特徴があります。看護師さんになって働いてみるとその差が見えてくることでしょう。他の病院との勉強会も多く開かれています。病院も利益を求めなければ潰れてしまいます。お金儲けが間違っているわけではありませんが、患者さんのことを第一に考えている病院であるかをチェックするようにしましょう。病院の考え方でしっかりと1本の筋が通っている場合は、働きやすい環境があることが多いです。

 

◎すぐ辞める病院に出会わないために

自分だけで病院を探すと、病院の外見だけで判断してしまうことがあります。患者さんに人気のある病院が必ずしも看護師に人気があるとは限りません。看護師の転職ですぐ辞めることならないために、看護師専門の転職サイトを利用して、自分に合った病院を転職サイトのコンサルタントさんと一緒に探してみてください。

 

トップへ