感染リスクが高い職場へ看護師転職する前に確認すべきこと

 

通常の病棟で働いていた看護師の方がスキルアップや環境変化を求めて転職をすることは少なくありません。その中でも感染病棟への転職を希望する人は意外に多くなっています。看護師としてのスキルアップのため、感染病棟へ転職する場合のメリットや注意すべき点についてまとめます。

 

◎感染リスクが高い病棟への転職について

感染病棟がある病院はかなり大きな病院か大学病院、そして専門的な病院でしょう。感染病棟への転職を希望していても自分の病院に適した部署が無い場合、転職の選択肢を選ぶことになります。感染病棟へ転職を希望する人の多くは、自身のスキルアップを求めている人が多いです。看護師といえども感染するリスクはありますし、ご結婚している人や子供がいる人は、家庭に病原菌を持ち帰る訳にはいきません。感染リスクが高い病棟に転職する場合のメリットとデメリットをまとめます。

 

◎感染リスクが高い病棟への転職メリット

感染病は本当に怖いものです。海外からの感染症に始まり、インフルエンザも感染症の一つです。どこかで食い止めていかなければ感染は広がるばかりです。通常の看護師スキルだけではなく、感染症に関するスキルを身につけることで、海外からの感染症を止めることができますし、感染で苦しんでいる人を助けることにやりがいを感じることができるでしょう。感染症に専門的な看護師になれば、通常の看護師では経験ができないような知識や現場を経験することが出来ます。パンデミックの状況になった時、求められる人材になることができるのです。また、感染病棟での経験は更なる転職でも求められやすいので、様々な病院や業種への転職が容易になります。

 

◎感染リスクが高い病棟への転職デメリット

感染病棟への転職における一番のデメリットは、自分が感染症になる可能性があることでしょう。予防や消毒をしっかりしていたとしても、感染しやすい環境には変わりありません。感染症で苦しんでいる患者さんを助けたいと必死に頑張った結果、自分が感染症になることだってあるのです。ただし、感染病棟で働く医師や看護師は感染症の対策に関してはプロ中のプロです。感染リスクが高いデメリットは、感染症を防ぐ知識を学ぶことができるメリットと考えることもできます。

 

◎不安があったら看護師専門の転職エージェントへ

看護師の転職は、一般的な企業における転職よりは容易とされています。看護師が不足している病院が多く、またハードな仕事でもあるため引退される方が多いからです。しかし、感染病棟といった特殊な転職をしたいと考えている人は、サイトの情報だけでは不足しがちです。迷ったら看護師専門の転職エージェントに相談をして、自分にピッタリの感染病棟を探してみてください。

 

トップへ