鬱病になりやすい看護師のタイプとは!?

 

看護師の仕事は勤務先にもよりますが基本的に激務です。勤務時間も勤務先が入院病棟や救急であれば、夜勤と時間外勤務があり生活は不規則です。さらに日常的に死という深刻な状況と向き合わなくてはならないというストレスもある為、精神的に追い詰められ、鬱病を発症してしまう人も少なくありません。忙しすぎる、ストレスが溜まってきたと感じた時には、我慢せず対処することが大切です。

 

◎心の問題をこじらせない為の工夫「自宅でできること」

人間は陽が昇れば起床し、陽が落ちれば睡眠をとることが最も自然な暮らし方ですが、週に2~3回の夜勤をしている人にとっては、夜中仕事をし、明るくなってから睡眠をとる生活をしなくてはならない為、質の良い睡眠を取ることができません。睡眠は健康な心と体を維持する為に欠かせない重要な要素ですので、夜勤明けの睡眠の質を良くする工夫をすることが大切です。例えば、浴室の灯りを落とす、エッセンシャルオイルをお湯に入れる、音楽をかけるなどをして半身浴をし、気持ちをゆったりさせてから就寝する、軽いストレッチをして身体中の血行を良くしてから就寝するなど自分の好みにあった就寝前のリラックスする方法を見つけましょう。

 

◎心の問題をこじらせない為の工夫「職場でできること」

医療の現場では常に死と向かい合うような緊張した日々が続く為、心に大きなストレスを抱えることになります。それに加えて交代の時間になっても患者の容体が心配で夜勤を上がれない、欠勤する同僚がいる為、本来休みの日に仕事に出なくてはならないなど、人手不足からくる仕事の忙しさに圧迫されることもあります。このような状況の中で、上司や同僚の中にスムーズな人間関係を気づけない相手がいた場合、ストレスは倍増します。自分一人で我慢せずに、同僚や上司に相談して職場環境や人間関係の改善に努めましょう。鬱病になる人の多くは、まじめで無理な仕事もやり遂げてしまうタイプの人です。仕事の忙しさや人間関係から生じるストレスは、ゆっくり休むこと、周囲に相談することで解決に繋がりやすくなるということを覚えておきましょう。

 

◎看護師としての充実した生活の為に

現在いる職場があまりに過酷である、どうしてもうまく人間関係を築けない上司がいるなどの問題が長引いている時には、思い切って転職を考えることも問題解決の一つの方法です。その際には十分な情報を得ることが転職を成功させるポイントです。自分がどのような環境で働きたいかということや、周囲の人との良好な関係を築けるということは人生にとって非常に重要なことです。

 

トップへ