面接でよく聞かれる質問集 【看護師の転職ノウハウ】

 

新しい勤務先に転職する為には、転職を希望する病院での面接を受ける必要があります。面接は希望する転職先に雇用されるかどうかの決め手となりますので、十分な準備を整えて、落ち着いて受けられるようにしておくことが大切です。

 

◎看護師が面接で聞かることが多い質問①「退職理由」

質問の中で多いものは転職する理由についての質問です。雇用する側にとっては職場に対して不満を持ちやすいタイプや、飽きっぽいタイプの人は好ましくないタイプですので、転職する理由を確認しておきたいものです。その為、面接の前に現在勤務している病院を退職したい、退職した理由について頭の中でしっかり整理しておきましょう。こまごまとしたことがたくさんある場合には、ノートに書き出すのも良い方法です。また、退職したいと感じた理由を解決する為に自分が取り組んだこととその結果についても思い起こし、看護師としての自分の理想と働いている病院での現実の違いを確認することが大切です。

頭の中が整理できていず、単に働いている病院への不満を転職したい理由として答えてしまうと、評価が低くなりますので、気をつけましょう。

 

◎看護師が面接で聞かれることが多い質問②「転職先の病院を選んだ理由」

転職先の病院を選んだ理由も、ほとんどの場合聞かれる質問です。雇用する側にとっては、応募してきた看護師さんがどの程度病院のことを把握しているかということも確認しておきたいポイントです。病院のパンフレットやホームページを見て、病院の概要を知ること、面接前に下見に行って病院の雰囲気を感じ取ること、チャンスがあれば現在働いている看護師と話すことなどで病院に着いてある程度の情報を得ることができます。その上で、この病院であれば自分の理想とする看護が実践できると感じたというように退職理由と結びつけて話をまとめると自己アピールをすることができます

 

◎面接で転職を実現させる為には

採用する側にとって新しい看護師を迎え入れるのは、長期間に渡って給与を払い続けていくことになるので高い買い物をすることに似ています。となれば、看護の実践能力が高い、高い専門知識を持っているという条件に加えて、職場での協調性や途中で投げ出すことのない職務への責任感がある人を求めますので、筆記試験だけでは測ることのできない人間性を観察する為に面接を行っていると言っても過言ではありません。従って面接を有利に進める為には十分な準備、心と頭を整理すること、十分な情報を得ることが大切です。自分がどのような病院で働いていくかということは人生にとって非常に重要なことです。

 

トップへ