手術室(オペ室)の看護師に転職する前に確認しておきたいこと

手術室(オペ室)に勤務する看護師の仕事は病院によって勤務の仕方が違います。手術室勤務に転職したい理由に合わせてどのような病院での手術室勤務の看護師へ転職するかということが転職を成功させるための重要なポイントです。

 

◎手術室勤務の看護師に必要な能力

手術室勤務の看護師の仕事は患者が安心して手術を受けられるようサポートすることと、円滑に手術が進められるよう医師などの医療スタッフ間の調整、医療スタッフ側と患者との調整をすることですので、患者への気配りができることや、臨機応変に素早く対応できる能力、専門知識を常に吸収する向上心が求められます。ほとんどの場合、手術室での勤務は激務であり、命に係わる深刻で重要な仕事ですが、常に新しい知識を得ることができ、大きなキャリアアップに繋がる仕事です。

 

◎手術室看護師の勤務形態の違い

手術室看護師の勤務形態は勤務する病院の規模によって異なります。救急搬送を受け付けている病院、常に手術が行われている病院の場合には、手術室での仕事が主な業務ですが、手術が行われる回数が少ない病院では日常的には一般の看護師としての業務を行い、手術がある際には手術室での業務を行うという勤務形態です。従って、手術室での勤務経験を積み、様々な症例に対応できるスキルを身に付けたいと考えているのであれば、手術の件数が多い病院の手術室勤務の看護師の仕事を探す必要があります。反対に考えると、救急搬送を受け入れていない病院、手術回数の少ない病院の場合、手術の時間は決められていますので基本的に規則正しい勤務時間で、夜勤もありませんが、救急搬送を受け入れている病院や重篤な患者の手術が多い病院の場合には、勤務時間外の業務が長引くことが多くなります。

 

◎手術室看護師に向いた看護師とは?

手術室看護師は、夜勤がない事から夜勤手当がつかず入院病棟での勤務に比較すると激務でありながら年収が減少する可能性があります。また、入院病棟と違い長期にわたる患者との交流もありません。入院病棟と同程度の年収は確保したい、従って患者を見守り退院を迎える日を一緒の喜びたいという考え方の人より、多少年収が減ってもキャリアアップしたい、患者との触れ合いよりも新たな知識を身に付けたいという考え方の人に向いている職場なのではないでしょうか。

 

◎自分にあった手術室勤務の看護師に転職する為に必要なこと

十分な情報を得ることが転職を成功させるポイントですので、転職候補として考えている病院での手術の件数、手術の内容などをしっかり調べることが大切です。自分がどのように働きたいかということや、どの程度の年収を得られるのかということは人生にとって非常に重要なことです。転職を成功させる為、医療機関の情報量が豊富な看護師転職サイトに登録して納得のできる転職先を探していきましょう。

 

トップへ