年収はアップしたいけど、ハードワークは嫌! 【看護師の転職あるある】

 

看護師の仕事は、人の命を助ける仕事。そのため、休憩時間があっても緊急の場合は呼び出されるし、突発的な夜勤もあるなど固定の勤務時間はあってもないと同然…かなり厳しい勤務状況といえるでしょう。そのうえ、病院に多く入院している高齢者のお世話も重労働です。お世話をして感謝されるならまだ良いですが、人によっては暴言を吐いたり、暴力を振るったり…と精神的にも大変な仕事と言えます。そこで、考えたいのが転職による年収アップ!頑張ったらそれだけの報酬が欲しいですよね。ここでは、年収をアップさせたい!でもハードワークはちょっと・・という方にぜひ参考にして欲しい看護師の転職方法をご紹介しましょう。

 

◎そもそも看護師の適正年収っていくら?

看護師の仕事は、人の命に関わる職業であることや、重労働であること、また責任感なども必要になってくるため、他の企業や一般職の同年代に比べれば、高額な給与を手にすることができるでしょう。例えば20代前半の看護師であれば、全国の平均年収は379万円、そして20代後半であれば、その平均年収は436万円と大幅アップが望めます。しかし、30代に突入すると今まで右肩上がりだった給与の額は緩やかなものに変化します。30代前半では平均年収が450万円に対し、30代後半は465万円と大幅なアップが見られないのです。責任は増え、仕事が過酷になってくるのに、それに対する対価が伴わなければ、体力的にも精神的にもストレスがたまってしまいますよね。そこで、考えるのが、転職でキャリアアップという方法です。今まで身につけた知識や経験を味方に次なるステップアップを試みてみませんか?

 

◎看護師さんの労働時間はどのくらい?

看護師の年収が一般的に高いのは、肉体的にも精神的にも大変だからという理由もありますが、それだけではありません。とにかく、労働時間が長い!緊急時など人の命に待ったなんて言っていられないため、急遽、残業なんていうことも日常茶飯事、その上、その残業も報酬がつかないサービス残業ということも。仕事に対する満足感って、プライベートな時間が充実しているからこそ味わえるものですよね。過酷な業務の対価として残業代が支給されたとしても、余暇の時間が減るようであれば、精神的な疲れだけが残ってしまうでしょう。看護師の仕事は高待遇と一般的に思われているようですが、医療現場の慢性的な人員不足による過酷な業務体制から成り立っているとすれば、首を傾げてしまうでしょう。

 

◎訪問看護師としての転職とは?

そこで、考えたいのが転職サイトを使って、満足できる職場環境で働くことです。看護師の仕事は過酷というイメージが付きまとっているため、慢性的な人手不足に悩んでいます。そんな中でも年収をアップしたいけれどハードワークは…というなら、「訪問看護師」として働いてみるのも一つの方法です。看護師の夜勤は精神的にも肉体的にも辛いもの。その点、訪問看護師であれば、夜勤がないというのが一番のメリット!今まで看護師として現場で働いてきた知識や技術を存分に発揮することができますし、女性が多い職場での難しい人間関係からも、多少ではありますが解放されることでしょう。また、訪問という形で今までとは少し内容が違っても、今までの経験を活かせる、やりがいのある仕事です。看護師さんがまず口を揃える、大変な夜勤から解放されれば、プライベートな時間を充実させることもできますね。

 

トップへ