美容外科クリニックは本当に魅力的な職場なのか?【看護師の転職ノウハウ】

 

看護師の仕事は、人の病気や怪我と向き合う仕事で、時に大怪我を負った患者さんのいたたまれない姿を診たり、余命少ない患者さんの心のケアもすることもあります。そういった意味で看護師の仕事はとてもナーバスになることもあります。しかし、美容外科クリニックの看護師は、通常の看護師の業務と違い、人の容姿や美と向き合うためことがメインです。今、美容外科クリニックへ転職を希望する看護師が増加しています。

 

◎キレイになりたい患者さんをサポートする美容外科の魅力

美容外科を訪れる患者さんは、「もっときれいになりたい」、「ずっと自分の顔が好きじゃなかった」、「好きな人に振り向いてもらいたい」、など心の悩みを打ち明けてくることが多く、病院で働いていたときのようなひたすら忙しく働くということではなく、一人ひとりの患者さんの話をよく聞いてそれをサポートすることが求められます。また患者さんはきれいになりたいと思って美容外科を訪れるのですから、看護師がお手本となるような佇まいでいる必要があります。美容外科の看護師は特別美人である必要はありませんが、一般の病院以上に清潔感や身だしなみが求められます。患者さんにとって「この看護師さんみたいになりたい」と思われるような看護師さんが求められています。

 

◎自由診療だから報酬もアップ?美容外科看護師の給料事情

美容外科へ転職を考えている看護師にとって、美容外科で働くとどれくらいのお給料がもらえるのかと気になっている人も多いでしょう。美容外科は一般の病院のように保険診療ではなく、診療そのものが保険の適用外となる自由診療となっているケースが多いです。従って、手術費や診療費は高額なものとなり、流行っている美容外科では看護師の給料も高額になるケースも増えています。20代の看護師が都内の美容外科に転職してはじめてもらえる給料は、月給35万円程度見込めます。また美容外科は夜勤がなく比較的規則正しい生活が送れることが多く、その意味でも一般病院の給料と比べても若干条件は良いのではないかといわれています。

 

◎注意しておきたい美容外科への転職!美容外科での勤務経験は評価されない?

美容外科で看護師として転職すれば、比較的お給料が良いことと、夜勤がないなどのメリットがありますが、デメリットもあります。それは看護師としてのキャリアに関わることで、美容外科で看護師として勤務しても、その後の看護師人生で臨床経験として評価されない可能性が高いです。やはり看護師としてのスキルはどの病院に行っても通用するものでなければ意味がありません。美容外科は診療内容が限定されすぎているため、看護師としてのスキルの幅が狭くなる傾向があります。従って、これから美容外科への転職を考えているのなら、自分の看護師のキャリアを含めた計画的な転職をすることが求められます。

 

◎美容外科への転職は看護師転職サイトがおすすめ

このように美容外科への転職には、主に給料が比較的高く、夜勤がないなどのメリットがあります。今働いている病棟が夜勤ばかりで体力が持たない、仕事がハードで精神的にきついと感じている人にはおすすめの転職先です。しかし看護師の臨床経験に入らないというデメリットもあります。看護師転職サイトでは、美容外科クリニックで勤務することについてのメリット・デメリットを総合的に加味して、おすすめの転職先を紹介してくれますので、一度利用してみて下さい。

 

トップへ