面接官に退職理由を上手く伝えるコツとは? 【看護師の転職ノウハウ】

看護師はやりがいがあり、比較的高収入の職業として人気があります。

しかし、仕事はハードでいつも忙しく動き回り、先輩看護師のいじめや圧力に押しつぶされそうになることもあります。

安定した職業でも、職場の環境に耐えることができずに辞めてしまった人も多いはずです。

それでも、次の職場に希望を抱いて看護師として転職を成功させている人もいます。

そこで課題となるのが面接での「退職理由」の伝え方です。

上手く伝えないと採用されない可能性もあるので、上手な退職理由の伝え方を紹介します。

◎看護師の転職理由の実態とは?人間関係・給料・仕事内容

実際に看護師が辞める理由として多いのは、職場での人間関係、いじめ・パワハラ・患者さんとのトラブルや、「こんなに働いているのにお給料が少ない。」といった金銭面での事情、そして勤めている病院などでの仕事内容が理想と違うといったものが多いようです。

人間関係や給料面の退職理由は非常にネガティブなものになります。これは再就職の際にも大きく影響するところなので履歴書に記載するときや面接のときに十分に注意したいものです。

面接官に「この看護師は不満が多い人間なのかな?」とか「お金のことばかり考えているのかな?」といった印象を与えないための動機付けがほしいところです。

◎面接で控えておきたい看護師が辞める理由

看護師の退職理由で多い事例として次のようなものが挙げられます。

「力仕事が多く、体力的に続けるのが困難」、「信頼できる上司や同僚がいないなどの人間関係」、「夜勤が多く、残業も多いのに給料が十分でない」、「出産や育児などで離職する」「責任が重大すぎて精神的につとまらない」、上記のような理由が退職を考える上で多い理由といわれています。

どの理由も非常にネガティブな理由となり、面接で回答するには避けたいところです。重要なのは「前向き」な転職理由をアピールすることです。

◎看護師としてのキャリアップやチャレンジ精神をアピールする

転職の際に良い印象を持たれる転職理由は、看護師としての前向きな転職動機を持っているということです。

例えば「配属された科がもともと希望ではなかった」、「先端医療を行うような大きな病棟センターで経験を積みたい」といったチャレンジ精神をアピールすることが重要です。

また「将来看護師として管理する立場になりたいので大きな病院で働きたい」といった説明は、将来を見据えたスキルアップを考えていると印象付けることができます。

他にも「今までは整形外科で働いていたけれど、緩和ケア病棟で働いてみたい。」などは看護師としての業務の幅を変えるという意味で、向上心や探求心をアピールすることができます。

◎面接で受かる転職理由は転職支援サイトでレクチャーしてもらえる

今すぐ転職したいと考えている看護師さんにとって、面接で良い印象を持たれる転職理由を考えることは意外と難しいものです。

うっかり「仕事がきつくて給料も安いのでいますぐ転職したい」といった転職理由を素直に書いてしまうこともあります。

そういった転職活動における面接のノウハウやテクニックは看護師転職サイトを活用すると良いでしょう。少し手間ではありますが、看護師転職サイトに3社ほど登録して、それぞれのコンサルタントから面接のノウハウやテクニックをレクチャーしてもらうといいでしょう。

◎面接対策をしっかりサポートしてくれる看護師転職サイトはこちら


看護のお仕事②


スクリーンショット 2016-05-02 16.52.24


マイナビ看護師

トップへ